入院した場合

交通事故で入院費用は誰が支払うか

不幸にして交通事故を起こしたことで入院を余儀なくさせられることはありますよね。こういう場合は誰が入院費を支払うのでしょうか。ほとんどの場合、ここまで大きな交通事故では保険をつかいます。入院費用は保険会社が代わりに支払ってくれるのです。交通事故を起こしても自分の懐が痛まないから関係ないというわけではありません。その代償として次から保険料が高くなるのです。交通事故を起こしても何も罰がなければ事故の反省が必要ないとも言えますからね。そんなことはありえません。また、自分で任意保険に加入していれば保険会社に頼ることができますが、もし入っていなければ自賠責保険でどこまで補えるかわからないため、足りない金額は加害者側が支払わなければならなくなります。もちろん通院のタクシー代が掛かればそのお金もかかるし、被害者の働けない時間の労働賃金も負担しなければならないことも考えられます。任意保険の加入と事故には気をつけましょう。

逆に被害者である場合、示談や慰謝料など普段することのない交渉が待っています。そちらに関しては交通事故の問題に詳しい方に相談するのも重要です。問題についての知識も、示談交渉や慰謝料についても強い方であれば、万が一の場合の強い味方になってくれるでしょう。

交通事故を起こしたらお見舞いに行く

常識的なことがわからない若者も少なくありません。交通事故を起こした際、相手側をけがさせてしまった場合、保険屋に任せたままにして、あとはそのままという人も少なくありません。お互いの住所を交換しているはずなので誠意があればお見舞いに行くのが一般的です。たしかに、来られては迷惑という場合もありますが、けがの程度次第では菓子折りの一つでも持って謝りに行くというのが礼儀ではないでしょうか。交通事故を起こしてしまったことは仕方がありません。実際に全国各地毎日どこかで交通事故は起きています。自分が加害者被害者になることはいつでもあり得るのです。こういう場合アフターケアをきちんとしておかないと社会復帰出来ないどころか、心の病気になることも考えられます。

交通事故での生命保険について

交通事故によって死亡した場合は生命保険が支払われます。この場合自損事故なのかとか、他の車などとぶつかった場合においてどちらに過失があるのかといった事に関係なく支払われる事になります。その他に自動車保険などをかけていた場合はその保険金が支払われる事になりますが、こちらは過失の割合などで額が変わってきます。
交通事故を起こした相手に過失がある場合は損害賠償などをしてもらう事が出来ます。自賠責保険や相手が任意で加入していた保険などから支払われたり自己負担など、慰謝料を含めて支払われる事になります。
生命保険は契約期間の自殺以外の理由での死亡について支払われる保険なので当然交通事故での死亡にも支払われます。その場合損害賠償や自動車保険などとは関係なく、区別しておく必要があります。損害賠償金などを十分にもらったからといって生命保険金が減額されるという事はありません。逆に保険金がおりるからと損害賠償や自動車保険などが減額されるという事もありません。